スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[感想] ヴィレッジ

●M・ナイト・シャマラン監督・脚本のミステリー・スリラー。ネタばらし厳禁。


[ 物語 ]

街から遠く離れた平和な村。

自然の恵みと規律の中で、昔ながらの生活をする人々。

森と村との間には境界線があり、森には怪物が住んでいる。

お互いにその境界線を越えないのが、入植当初からの決まり。

ルシアスは村の外に出てみたい。

ノアは頭が不自由。

アイヴィーは目が見えない。

ルシアスとアイヴィーが結ばれた時、不幸が訪れる。

薬を求め森に入るアイヴィー、そう怪物の森に…。







[ 感想 ]

<ネタバレにならないように注意しました>

●高価なシナリオ代でも有名なシャマラン監督。

シックスセンスは落ちが読めちゃいましたが上々の出来。

でもアンブレイカブルは余りに掟(おきて)破り、ガッカリして、サインは見ませんでした。

そしてヴィレッジ。

このシナリオは好きです。

意外性を追うだけでなく、さりげなく分かる真実。

そのタイミングと背景にあるメッセージ。

シナリオに円熟味出てきたような気がします。

夏公開のレディ・イン・ザ・ウォーターに期待。


●ショボい怪物の使い方が巧い。

見張り番の少年が櫓(やぐら)から下を見たら家の中を怪物が歩いていた!時は本当に吃驚しました。

怪物が家に近づく中、戸を開け放ちルシアスを待つアイヴィーのシーンに緊張、ロアの役回りも意外。


●森の中のアイヴィー。

供の青年たちは一人去り、二人去り。

本当に薬を手に手に入れられるのか…。

しかし、森を抜けた途端、杖を振り回すように使い、走り出すのには驚きました。

あまりの恐怖に自暴自棄?道を見つけた喜びに舞い上がった?

人間は情報の90%を視覚から得ると聞きます。

臆病な私は目を瞑(つむ)って、知らない場所は走れない。


●ラスト。

無事村に戻り、ルシアスの元へ走るアイヴィー。

みながヒソヒソ話をするなか、部屋に入ってきます。

薬を持ってきたことを告げるところでブツリ、物語は突然終わります。

この終わり方が村の行く末を暗示するかのようで意味深でした。

(=.=)


[ 薀蓄(うんちく) ]

●シャマラン監督本人の出演。今回は警備員の上司役。







[ 資料 ]

Copy/その《地上の楽園》は、奇妙な《掟》に縛られていた…。―何故?

原題/THE VILLAGE
監督/M・ナイト・シャマラン
製作/サム・マーサー、スコット・ルーディン、M・ナイト・シャマラン
脚本/M・ナイト・シャマラン
撮影/ロジャー・ディーキンス
音楽/ジェームズ・ニュートン・ハワード

♀アイヴィー・ウォーカー(盲目の少女)/ブライス・ダラス・ハワード
♂ルシアス・ハント(村の青年)/ホアキン・フェニックス
♂ノア・パーシー(知恵遅れの青年)/エイドリアン・ブロディ
♂エドワード・ウォーカー(アイヴィーの父)/ウィリアム・ハート
♀アリス・ハント(ルシアスの母)/シガーニー・ウィーヴァー

1時間48分
2004年アメリカ、ブエナビスタ





φ この記事は2006年01月20日に 東京つまみ食い にアップしたものです。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する