スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[Clip] シャイニング、S・キングが続編を執筆中

● スティーブン・キングがシャイニングの続編を執筆とのこと。

シャイニングといえば、1980年作のスタンリー・キューブリックが監督、ジャック・ニコルソンが主演した映画版が有名。

公開当時、淀川長治に《やり過ぎだ》と言わしめたニコルソンの怪演が話題でした。

私(わたし)的には妻ウェンディ役のシェリー・デュヴァルの、なんとも薄幸そうなギョロ目の方が印象的でしたが。



● キングはこの映画を嫌っているそうです。

ストーリーの大筋は同じものの、そのテーマがぼやけてしまったかららしい。

読んだことはないですが、小説版はもっとホテルそのものや、そこに巣くう邪悪なものが丁寧に描かれているそうです。

息子ダニーが持つ不思議な力《シャイニング》の描写も少なすぎるとか。

確かに映画ではよくわからなかったなぁ。







●執筆中の続編は当然のことながら原作小説の続編。

主人公はダニー、なんと40歳になってます。

末期患者ばかりの病院で、能力を発揮するらしい。

現実と一致する時間経過。

映画化になった暁には、ダニーは是非とも前作と同じ、ダニー・ロイドに演じてもらいたいものです。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する