スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[感想]カンフーハッスル

[ 紹介 ]

●《 少林サッカー 》のチャウ・シンチー監督作品
●ブルース・リーに憬れ止まぬ監督のカンフー映画へのオマージュ







[ 感想 ]

◆功夫、病膏肓(かんふー、やまいこうこう)

ネット上の評価はいまひとつ、でも私は面白かった、★5です。
《 少林サッカー 》に続き監督・主演・脚本・製作の4役を務めたチャウ・シンチー。敬愛するブルース・リーへのオマージュと言うことで武侠映画の魅力、マニア受けがたっぷりだとか。《 燃えよドラゴン 》すら見たことのない私には新鮮、一層面白く感じたのかもしれません。

◆よくねられたシナリオ

冒頭。鰐革会のボスが部下の寝返りに合い惨殺。替わりに街を牛耳(ぎゅうじ)り始める斧頭会。組長サムが事務所で踊るシーンの合間に、敵対勢力の惨殺現場のカットが入ります。一緒に踊る部下が増えていくことで、縄張りの拡大を表現
する当たりから、引き込まれました。

一方、貧民アパートの豚小屋砦。床屋(少林サッカーで突然、レーレードシドレ~と歌い出す人)が、広場で歯と磨きながら、頭と体を洗っています。途中で水がでなくなって大変。水を出せとの抗議を家主のカミさんは、みんなが家賃を払わないからだと一括。家主は家主でどこかのオバちゃんの着替えを覗いて、ボーっとしています。斧頭会からも無視される貧乏。

しかしそこにチンピラ(シン)が登場、床屋に因縁をつけたことから、通がかりの斧頭会と豚小屋砦住民の対立に発展。相手にならないと思いきや、実は豚小屋砦には人足、洋服屋、粥麺屋に身を隠したカンフーの達人たちがいたというワクワクする展開に。

大軍で押し寄せる斧頭会、それをなぎ倒す3人。そして報復に斧頭会が放った殺し屋。3人の達人が倒れる中、助けに駆けつけたのは何と…!再び放たれる史上最強の殺し屋。そこに「強くなるためには、ワルにならなければならない」と足掻(あが)くチンピラ、シンが絡んで…。
飽きさせない展開、テンポの良いアクション。要所に伏線も利いていて、楽しめます。

◆名コピー《 ありえねぇ~ 》

映画の中で気に入った《 ありえね~ 》をいくつか紹介。

まず迫力のあった《 ありえねぇ~ 》は琴奏者の殺し屋。斧頭会が報復に放った最初の刺客です。琴の音色が矢に変わるという《 ありえねえ~ 》がとてもリアル。1人また1人と倒れるカンフー達人たち。思わず手に汗を握ります。

そこで意外な《 ありえねぇ~ 》。助けに現れたのはなんと家主夫婦。頼りない家主、口煩いその妻は実は伝説のカンフーマスター。音色の矢は妻の獅子の咆哮 (大声)の前に壊滅。遠巻きに車から様子を伺っていた斧頭会組長と相談役。いつの間にか車内に家主夫婦が現れ、無言の威圧。二人のビビりぶりが笑えます。

でも一番の笑っちゃう《 ありえねぇ 》史上最強の殺し屋。牢屋から連れ出した殺し屋は見窄(みすぼ)らしいただのオッサン。ランニングシャツにビニールサンダルの姿に斧頭会は呆れ顔。実力を見せろという声に、殺し屋は笑いながら自分の頭に銃口を向け発砲。慌てる周囲に平然と構える殺し屋。弾はこめかみの直前、殺し屋のもう一方の手の二本の指に挟まれました。呆然とするサム。

《 ありえねぇ~ 》












[ 薀蓄 ]

●作家の馳星周は周星馳の大ファン。ペンネームは周星馳を逆にしたもの
●ユン・ワー(大家)は《 燃えよドラゴン 》でブルース・リーのスタントを務めた男、一方ユン・チウ(大家の妻)はスタント・ウーマンとして活躍、映画『007/黄金銃を持つ男』にも出演

[ 資料 ]

Copy/ありえねー。
監督/周星馳(チャウ・シンチー)
脚本/チャウ・シンチー
製作/チャウ・シンチー
撮影/プーン・ハンサン

1h33
2004年、中国、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する