スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[ランキング]映画史上最も騒々しい映画トップ10

米映画評論家マット・ゾーラー・サイツが、「映画史上最も騒々しい映画10本(The 10 Loudest Movie Ever)」を米文芸サイトSalon.comに発表した。


[ 映画史上最も騒々しい映画 ]




【10】 AKIRA (1988/大友克洋監督)




  • 1988年制作。上映時間124分。70mmプリント。
  • 制作費約10億円。配給収入約7億5千万円。
  • 総セル画枚数約15万枚。
  • 監督 - 大友克洋
  • 助監督 - 竹内啓雄、佐藤博暉
  • 脚本 - 大友克洋、橋本以蔵
  • 作画監督 - なかむらたかし
  • 金田(岩田光央)
  • 鉄雄(佐々木望)
  • ケイ(小山茉美)
  • 大佐(石田太郎)
  • ドクター(鈴木瑞穂)
  • 竜(玄田哲章)




【09】 ファイト・クラブ (1999/デビッド・フィンチャー監督)




  • チャック・パラニューク(Chuck Palahniuk)の同名小説の映画化。
  • 監督 - デヴィッド・フィンチャー
  • 脚本 - ジム・ウールス
  • 製作 - アート・リンソン
  • ナレーター(エドワード・ノートン)
  • タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)
  • マーラ・シンガー(ヘレナ・ボナム=カーター)
  • ボブ(ロバート)・ポールスン(ミート・ローフ)
  • エンジェル・フェイス(ジャレッド・レト)




【08】 キル・ビル (2003/クエンティン・タランティーノ監督)




  • アメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督、ミラマックス配給
  • 2003年10月10日アメリカ公開。
  • 監督 - クエンティン・タランティーノ
  • 脚本 - クエンティン・タランティーノ
  • 製作 - ローレンス・ベンダー
  • 製作総指揮 - ボブ・ワインスタイン
  • ベアトリクス・キドー / ザ・ブライド / ブラック・マンバ(ユマ・サーマン)
  • ビル / スネークチャーマー(デビッド・キャラダイン)
  • オーレン石井 / コットンマウス(ルーシー・リュー)
  • ヴァニータ・グリーン / コッパーヘッド / ジーニー・ベル(ヴィヴィカ・A・フォックス)
  • エル・ドライバー / カリフォルニア・マウンテン・スネーク(ダリル・ハンナ)
  • バド / サイドワインダー(マイケル・マドセン)
  • 服部半蔵(千葉真一)
  • GOGO夕張(栗山千明)


φ 【感想】 キル・ビル






【07】 地獄の黙示録 (1979/フランシス・フォード・コッポラ監督)




  • 1979年製作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。
  • ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を原作に、物語の舞台をベトナム戦争に移して翻案した叙事詩的映画(エピックフィルム)。
  • 監督:フランシス・フォード・コッポラ
  • 製作:フランシス・フォード・コッポラ
  • 脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ
  • 音楽:カーマイン・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ
  • 撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
  • ウォルター・E・カーツ大佐(マーロン・ブランド)
  • ベンジャミン・L・ウィラード大尉(マーティン・シーン)
  • ビル・キルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)
  • ジェイ・“シェフ”・ニックス(フレデリック・フォレスト)
  • ルーカス大佐(ハリソン・フォード)





【06】 ダイ・ハード (1988/ジョン・マクティアナン監督)




  • アメリカ映画。1988年の公開。
  • 監督 - ジョン・マクティアナン
  • 撮影監督 - ヤン・デ・ボン
  • 原作 - ロデリック・ソープ
  • 音楽 - マイケル・ケイメン
  • ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)
  • ホリー・マクレーン(ボニー・ベデリア)
  • ジョセフ・ヨシノブ・タカギ(ジェームズ・シゲタ)
  • ハリー・エリス(ハート・ボックナー)
  • ジニー(ダスティン・テイラー)
  • アル・パウエル巡査(レジナルド・ヴェルジョンソン)


φ 【感想】 ダイハード





【05】 ターミネーター2 (1991/ジェームズ・キャメロン監督)




  • 『ターミネーター2』(Terminator 2: Judgment Day)は、1991年のアメリカのSF映画。
  • 同年のアカデミー賞で視覚効果賞、メイクアップ賞、音響効果賞、録音賞を受賞している。
  • 略称は「T2」(ティーツー)。
  • 製作費1億ドル(当時の日本円では約140億円[2])。全世界での興行収入は5億6千万ドルを超えた
  • 監督 - ジェームズ・キャメロン
  • 脚本 - ジェームズ・キャメロン
  • 製作 - ジェームズ・キャメロン
  • 製作総指揮 - ゲイル・アン・ハード
  • ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)
  • サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)
  • ジョン・コナー(エドワード・ファーロング、マイケル・エドワーズ)
  • T-1000(ロバート・パトリック)
  • ピーター・シルバーマン(アール・ボーエン)



φ 【感想】 ターミネーター2






【04】 インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 (1984/スティーブン・スピルバーグ監督)





  • 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(インディ・ジョーンズ/まきゅうのでんせつ、Indiana Jones and the Temple of Doom)は、1984年のアメリカ映画。アドベンチャー映画。
  • アカデミー賞では視覚効果賞を受賞。また、作曲賞にもノミネート。
  • インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)
  • 監督 - スティーヴン・スピルバーグ
  • 脚本 - ウィラード・ハイク
  • 原案 - ジョージ・ルーカス
  • 製作 - ロバート・ワッツ
  • 製作総指揮 - ジョージ・ルーカス
  • ウィルヘルミーナ・"ウィリー"・スコット(ケイト・キャプショー)
  • ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)
  • モラ・ラム(アムリーシュ・プリー)
  • チャター・ラル(ロシャン・セス)





【03】 フィフス・エレメント (1997/リュック・ベッソン監督)





  • 『フィフス・エレメント』(英題:The Fifth Element、仏題:Le Cinquième élément)は1997年のフランス映画。
  • 脚本・監督 - リュック・ベッソン
  • 撮影 - ティエリー・アルボガスト
  • 音楽 - エリック・セラ
  • 挿入歌 - 「甘いささやき」Il dolce suono(ガエターノ・ドニゼッティ作曲:歌劇『ランメルモールのルチア』
  • コーベン・ダラス(ブルース・ウィリス)
  • リー・ルー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
  • ゾーグ(ゲイリー・オールドマン)





【02】 アルマゲドン (1998/マイケル・ベイ監督)




  • 『アルマゲドン』(Armageddon)は1998年のアメリカ映画で、SF映画・パニック映画。
  • 監督: マイケル・ベイ
  • 製作総指揮 - ジョナサン・ヘンスレー、ジム・ヴァン・ウィック、チャド・オーマン
  • 原案 - ロバート・ロイ・プール、ジョナサン・ヘンスレー
  • 脚本 - ジョナサン・ヘンスレー、J・J・エイブラムス
  • ハリー・スタンパー(ルース・ウィリス)
  • A・J・フロスト(ベン・アフレック)
  • グレース・スタンパー(リヴ・タイラー)
  • チック・チャップル(ウィル・パットン)
  • ロックハウンド(スティーヴ・ブシェミ)






【01】 トランスフォーマー ダークサイド・ムーン (2011/マイケル・ベイ監督)




  • 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(原題: Transformers: Dark of the Moon)は、2011年のマイケル・ベイ監督による映画
  • 1980年代から玩具・アニメーション・コミックで展開されてきた『トランスフォーマー』を原作とする、2007年から続く実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの第3作でシリーズ完結編。
  • アポロ計画陰謀論を元に、地球全体を巻き込んだ過去最大級のスケールで物語が展開される。
  • 監督 - マイケル・ベイ
  • 脚本 - アーレン・クルーガー
  • 製作 - ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
  • 製作総指揮 - スティーヴン・スピルバーグ
  • サム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)
  • カーリー・スペンサー(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)
  • シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)

















関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する